【中小企業診断士の盲点】運営管理 資材・在庫管理

中小企業診断士を勉強する中で直観的に理解や記憶がしにくい事項を集めて、厳密さを少し犠牲にしつつも「要はどういうことなのか」に重点をおいてまとめた。

資材管理

資材の発注量調整、資材在庫量調整など、総じてコスト最適化のために動く。

アウトソーシングの活用、管理も含む

資材標準化

資材の共用などを試みて、

まとめて発注、保管、保管を行ってコストダウンを狙う。

守りの手法。

保管場所の有効活用、大量発注の割引、保管コストの削減が狙える。

MPS(master production schedule)

基準生産計画と訳される字義の通り、生産計画の幹。

玉突きで従属需要品目(車のタイヤなど)の生産も決める。

  1. 需要算出(BOMを利用)
  2. 発注量算出
  3. ロット確認
  4. 発注

BOM (bill of materials)

樹状に構成部品を表現したストラクチャ型

マトリックスで構成部品や数量を表現したサマリー型がある。

言うまでもなく人間が管理しやすいのが前者。直観的でわかりやすい。

後者はDBでの管理がしやすかったりする。

作成コストや仕様変更にも強い。

定量発注

発注点在庫額に達したら、経済的発注量(製品ごとに一定の定数)の発注をかける。

(計算で)まったになったらめた(経済的発注量)の発注を行う。

メリット:管理を自動化ができてラク

デメリット:常に同量発注のため需要の急増減には対応できない。

→需要の安定した低単価製品に適する。

$$発注点 = リードタイム(日)\cdot 平均需要 + 安全在庫$$

$$安全在庫 = 安全在庫係数(任意) \cdot \sqrt{V[需要]} \cdot \sqrt{リードタイム}$$

経済的発注量

発注コストと在庫管理コストの合計が極小になる発注量。

$$\sqrt{\frac{2\cdot @発注費用 \cdot 年間需要}{@年間在庫維持費用}}$$

$$\Leftrightarrow \sqrt{\frac{2\cdot @発注費用\cdot 年間需要}{@在庫価格 \cdot 在庫保管費用率}}$$

で表現される。

発注費用=在庫維持費用

から導出する。(詳細は略)

定期発注

まった期間(インターバル)ごとに発注する。

現在2月で、インターバルが3ヶ月、3~5月の予測需要が500なら

発注量=500+安全在庫-(現在在庫+注残)

発注するのは次のインターバルまでの予測需要量(←むずい)

メリット:インターバルを縮めれば在庫量を減らせる(尚、発注コスト…)

デメリット:毎度発注量を算出するのが手間

在庫管理用語

安全在庫

需要変動やリードタイムの間の不確実性のリスクヘッジ用在庫

見越し在庫

予め予測できる変動への対策よう在庫

有効在庫

売れる在庫(在庫数-引当)

購買管理

購買費用には購買にかかった人件費も含む。

コック倉庫方式

自社倉庫で購買品を預かって、使った分を購買量として支払う。

コメント