応用情報午前 単語

Pocket

応用情報の午前試験を過去問する中で気になった単語をピックアップ

  1. テクノロジ
    1. ハフマン符号
    2. ラフレングス符号
    3. ハミング符号
    4. 完全2分木の深さ
    5. 2分探索
    6. チェックサム
    7. PROM
    8. SRAM
    9. DRAM
    10. シンプロビジョニング
    11. ページフォールト
    12. ページング
    13. ページアウト
    14. プロファイラ
    15. LSI
    16. SoC
    17. SiP
    18. 耐タンパ性
    19. レンダリング
    20. B木
    21. SDN
    22. NISC
    23. 楕円曲線暗号
    24. TLS
    25. ファジング
    26. MAC
    27. ブロックチェーン
    28. WPA2
    29. MVC
    30. クラッシング
    31. SCM
    32. クリエイティブコモンズ
    33. UDP
    34. SPF
    35. トレーサビリティ
    36. ランサムウェア
    37. コンディジェンシプラン
    38. コストパフォーマンスベースライン
    39. マネジメント予備
    40. 冗長化・二重化
    41. ディザスタリカバリプラン
    42. A/D変換 サンプリング
    43. オーバーロード
    44. カプセル化
    45. VLIW
    46. CISC
    47. RISC
    48. フラッシュメモリ
      1. NAND型
      2. NOR型
    49. メモリインターブ
    50. シンクライアント
    51. セマフォ
    52. RFID
    53. 逓倍
    54. サーフェスモデル
    55. データディクショナリ
    56. NFV
    57. RARP
    58. ポリモーフィック型マルウェア
    59. ステルス型マルウェア
    60. クロス開発
    61. パワーゲーティング
    62. ライトスルー方式
    63. LRU
    64. EJB
    65. UML
    66. GNU GLP
    67. ニモニックコード
    68. シーケンスコード
    69. ディザリング
    70. ICMP
    71. DHCP
    72. 分岐網羅
    73. 条件網羅
    74. リスク転嫁
    75. 問題管理プロセス
    76. ファウンドリ
    77. セル生産方式
    78. 定量発注方式
    79. マクシミン原理
    80. 制御ハザード
    81. スケールアウト
    82. フォールトアボイダンス
    83. CURSOR
    84. CSMA/CD方式
    85. JPCERT/CC
    86. DFD
    87. ペトリネット
    88. CMMI
    89. エンタープライズ・アーキテクチャ
    90. SOA
  2. DBMSのACID性
    1. atonomy 原始性
    2. consistency 一貫性
    3. Isolation 隔離性
    4. durability 耐久性
  3. クラウドコンピューティング
    1. IaaS
    2. PaaS
    3. SaaS
  4. 関係演算
    1. 直積
    2. 結合

テクノロジ

ハフマン符号

出現頻度に対して文字のビット列を最適化する。

出現頻度が高い文字は短いビット列にする。

ラフレングス符号

ex) AAABB→A3B2

ハミング符号

任意の桁の組で1の数を偶数にするように作った冗長ビットで誤りを検出。

完全2分木の深さ

深さをカウントするとき、根はノーカン。

葉:子を持たない接点のこと。

2分探索

整列しているものに適する。

チェックサム

check sum

データの合計値と実データの合計値で確認する。

PROM

programable ROM

一度だけ書込み可能な不揮発性メモリ。

SRAM

static RAM

フリップフロップ回路で構成された不揮発性メモリ。

static:静的

DRAM

dynamic RAM

リフレッシュが必要。

シンプロビジョニング

ユーザーの要求に応じて仮想ディスクを提供する。

物理ディスク実際の利用量に応じてピッタリ配分する。

→物理ディスクが有効利用できる。

ページフォールト

仮想記憶において、存在していないページのアクセスがあったときに起こる割り込み。

※実記憶になかったら補助記憶に取りに行って実記憶に読み込み。(ページング)

ページング

プログラム実行時にページフォールトが起こると、ページのロードに必要な主記憶が割り当てられる。

ページアウト

実記憶から補助記憶にページを追い出す。

プロファイラ

プログラム実行時の関数や文の実行回数、実行時間を計測し、統計を取るツール。

LSI

large scale integration

集積回路のうち、より大きな規模の回路を集積させたもの。

SoC

system on a chip

1つのチップに高性能な回路などを集積し、複数の機能が一つにまとまっている。

SiP

system in package

1つのパッケージに複数のLSIをぶっこんだもの。

耐タンパ性

ICカード内の重要情報の不正読み取り対策の保護機能。

侵入を感知されたらぶっ壊れる仕様。

レンダリング

プログラムを用いてデータを画像に変換すること。

B木

A<Bなどの範囲検索が早い。

SDN

software defined networking

ソフトウェアによって、ネットワークの設定を変更し、持続形態や経路選択を制御する。

NISC

national center of incident readiness and strategy for cyber security

日本をサイバー攻撃から守るために内閣官房に設置

楕円曲線暗号

公開暗号方式で、TSLに使われる。

TLS

PCとWebサーバー間の通信データを暗号化するとともに利用者を認証できるようになる。

ファジング

多様な予測外のデータをソフトウェアにぶち込んで挙動を観察し、ソフトウェアに内在する脆弱性を発見する手法。

MAC

message authentication code

メッセージ認証などで完全性を確認するために使う。

ブロックチェーン

ハッシュ関数を多段的に利用する。

改竄されても元データの完全性と可用性が確保される。

WPA2

AES暗号方式に対応し、強力なプロトコルを利用する。

動的に更新される暗号鍵を利用して、暗号化通信を実現する。

MVC

model view controller

システムを業務ロジック、画面出力、制御に分けてパターン化する。

クラッシング

時間外業務を増やしたり、増員して、クリティカルパス上の作業を早く終わらせて全体のスケジュールの短縮を図る。

SCM

supply chain management

生産から販売やアフターサービスまで「モノの流れ」に注目してそれに関する情報の流れを管理する。

クリエイティブコモンズ

著作者が示した条件内での著作物を再利用を許可する活動や団体のこと。

UDP

user datagram protcol

リアルタイム性を重視して送りまくる。

CSMA/CD

SPF

sender policy framework

DNSサーバーを利用して、送信元メールサーバーを認証する。

トレーサビリティ

製品の原材料、生産者、加工した工場の場所、加工工程や流通経路を消費者が追跡できるようにすること。

ランサムウェア

金銭の支払いを要求するマルウェア。

コンディジェンシプラン

個別のリスクが顕在化したときのために備えておくコストのこと。

コストパフォーマンスベースライン

プロジェクトの費用を時間の経過とともに表現したもの。

マネジメント予備

マネジメント全体で不測の事態に備えるためのコスト。

冗長化・二重化

システムが止まらないようにする施策。

ディザスタリカバリプラン

災害復旧計画

A/D変換 サンプリング

サンプリング周波数✕量子化ビット数。

オーバーロード

同じクラス内に名前が同じで、引数の型、個数が異なるメソッド

カプセル化

手続きの隠蔽。

VLIW

very long instruction word

同時に複数の実行可能な動作をまとめて、複合命令として高速化を図る方式。

CISC

complex instruction set computer

ハイスペックで遅い。

RISC

reducede instruction set computer

ロースペで早い。

フラッシュメモリ

NAND型

大容量、ページ単位、早い

NOR型

少容量、バイト単位

メモリインターブ

主記憶の実効アクセス時間を短縮する。

主記憶をバンク分けして連続したデータをぶっこむ。

シンクライアント

クライアントにデータを記憶させず、サーバのみにデータを保存させる。

セマフォ

P操作とかV操作するやつ。

同期制御や排他制御に使う。

RFID

radio frequency identification

微小なチップによる人、またはモノの識別及び管理、電子荷札に使われる。

逓倍

入力された信号の周波数のn倍の周波数をもつ信号を出力する。

サーフェスモデル

物体をポリゴンや曲面パッチを用いて表現する。

データディクショナリ

データの属性、意味などを管理するためにデータ定義情報、メタデータを収集、登録、管理したもの。

NFV

network function virtualisations

仮想技術でネットワーク機能を汎用サーバー上にソフトウェアとして実現したコンポーネントを用いることで柔軟なネットワーク基盤を構成する。

RARP

reverse ARP

MACアドレスからIPアドレスを求める。

ポリモーフィック型マルウェア

感染するたびにランダムに変化させた暗号化鍵を用いてウイルスコードを暗号化。

自身を常に変化させて検知されづらくする。

ステルス型マルウェア

ルートキットで感染していないように見せかける。

クロス開発

実際に使用する機器とは異なる環境で開発を行う。

パワーゲーティング

LSIの消費電力を減らす技術。

動作していない回路への電流を遮断する。

ライトスルー方式

キャッシュと同時に主記憶にも書き込みする。

書き込みの高速化は出来ない。

ライトバック方式

LRU

least recency used

最も参照時刻の古いものを追い出す。

EJB

enterprise java beans

javaで開発するときのコンポーネントソフトウェアの仕様。

UML

unified modeling language

オブジェクトやシステムの構造を記述するために使われる統一言語。

GNU GLP

フリーソース言語の派生物は無条件でフリーソース。

ニモニックコード

意味を持った文字列や数字列から構成され、コードの値から、データの内容が連想できるコード体系。

ニモニック:連想

シーケンスコード

数値やアルファベットの昇順などの一定の順序付けられた番号が付与されているコード体系。

他よりも桁数が減りやすい。

ディザリング

画素の表示可能数が少ないとき、画素の使い方で見かけ上表示できる色数を増やす。

ICMP

internet control message protocol

ネットワーク機器の接続状態を調べるためのコマンドのpingで用いられるプロトコル。

DHCP

dynamic host configuration protocol

IPアドレスを動的に振り分けるプロトコル。

プロトコル
コンピュータ システムで、データ通信を行うための規約。情報フォーマット、交信手順を定める。

分岐網羅

すべての条件の真偽を通る。

条件網羅

複合条件に対して、全部を通る。

ex)x>0 and y=1なら

(x,y)=(2,0):偽 真

(x,y)=(0,1):真 偽

の2つが必要。

リスク転嫁

リスクを保険などに肩代わりさせる対応

問題管理プロセス

根本原因の特定。

ファウンドリ

ファブレスメーカーの製造を担っている工場。

セル生産方式

多品種少量生産を効率良く行うために1~数人で工程の大部分~全部を行う生産方式。

定量発注方式

在庫が一定以下になったら発注する。

マクシミン原理

最悪の場合の利益が最大化する選択方法。

制御ハザード

分岐命令の実行により起こる。

先読みした命令が無駄になる。

スケールアウト

サーバー台数を増やして各サーバーの負荷を分散すること。

フォールトアボイダンス

品質向上努力などにより、故障自体が起こらないように頑張る方法。

CURSOR

問い合わせにおいて、得られた導出表を1行ずつ親プログラムに引き渡す。

CSMA/CD方式

carrier sense multiple access collision detection

ネットワークが使われていなさそうだったら送る。

衝突したら、任意の時間をおいて再送する。

普通のやつ。

JPCERT/CC

日本の組織

セキュリティ関連で分析、対策、提案などを行う。

DFD

data flow diagram

データの流れを表現する。

ペトリネット

システムの資源の割り当てや分配を表現する。

CMMI

capability maturuty model integration

システム開発工程でのプロセスに関する管理体制を評価するための基準。

エンタープライズ・アーキテクチャ

組織の業務や情報を

  1. ビジネス
  2. データ
  3. アプリケーション
  4. テクノロジ

の4つのアーキテクチャでモデル化、分析して業務、情報システムを最適化する。

SOA

service object architecture

各機能をサービスとみなす。

それを実現するために構築されたサブシステムを集約する方法。

DBMSのACID性

atonomy 原始性

トランザクションが完遂か全く実行されないかで終わること。

consistency 一貫性

トランザクションの結果に矛盾が生じないこと。

Isolation 隔離性

個々にやっても並列に処理しても結果がおなじになること。

durability 耐久性

障害などでぶっ壊れても、終了したトランザクションのデータは消失しないようにすること。

クラウドコンピューティング

IaaS

infrastructure as a Servise

ハードやネットワーク機器的なもの(インフラ)に留まる。

PaaS

platform as a service

インフラ+OSの提供

SaaS

software as a service

インフラ+OS+アプリ

アプリケーションサービスまで提供。

全部盛り。

関係演算

共通の行を除いて足す。

共通しないものを除く

直積

すべての行同士を結合。

重複あり。

結合

共通する列をキーにくっつける。

コメント