2019-01

書評

インドの古典に学ぶ恋愛「カーマ・スートラ」

最近読んだ本に古代インドの恋愛についての本があったので読んでみたら意外と面白かったのでシェアしてみた。  完訳カーマ・スートラposted with ヨメレバヴァーツヤーヤナ/岩本裕 平凡社 1998年01月 楽天ブックスAmazo...
ノベルゲーム

Fate stay night Heaven’s feelを観てきた

Fate/stay nightで1番好きなルートのヘヴンズフィールの映画が公開されたので早速観てきた。 作画のクオリティがすんごい UBWのアニメ時代からufotableの作画はすごかったけども、今回も相変わ...
書評

ショーペンハウアーの幸福論について

『幸福論』をはじめとするショーペンハウアーの著書の感想など

NO IMAGE 未分類

天元突破グレンラガンからの学びと感想

正月に帰省していると暇で、アニメを観ているとオススメで出てた天元突破グレンラガンがあったので観てみるとアニメとしての面白さ以上の価値を感じたので書いてみた。 カミナ、シモン、ロシウへと受け継がれるもの グレンラガンは二部で展開さ...
データサイエンス

【厳選3冊】ビジネスを見据えたデータサイエンスや統計学の入門書

統計学に立脚した高度なデータ分析のビジネスユースをかんがえたい。統計学の入門書の様なアカデミックの本はいくらでもあるけれど、ビジネスライクな応用的な本は意外と少ない。そこで、主観で3冊セレクトしてみました。
ビジネス

新・家元制度とキリスト教

協会と教会のアナロジー 新・家元制度に関する本を読んでいると、キリスト教に例えるとなじみやすい気がしたので、比較してみた。ビジネスに適用しようとしている人にもわかりやすいかもしれない。この新・家元制度が2000年近く存続してきたキリ...
書評

AI発展期の現代とギリシャ・ローマ時代の類似点

AIが創る未来について、古典古代(ギリシア・ローマ)に近いものになるような気がした。 カンタンに言えば、何もしなくても生きていけるし、奴隷が何でもやって暇だから芸術や学問に専念する。 我々の未来なら機械が何でもやってくれるから何もしなくても...