成果を上げるための方法に関する本

Pocket

LEVEL1:アウトプット大全

やっぱり、学んだ内容をアウトプットして、その成果に調整を加えていって何事も上達してゆく。

やっぱり、何をするにも継続できることが最も大事 。

内容が80もの内容になっている上に一つ一つは実践のハードルも高くない。

まずはちょっとづつやってみること。この本はその助けになると思う。

本屋やネットのあらゆるところで絶賛されているので、改めて私が勧めるまでもないかもしれないけれど……

LEVEL2:GRIT

『アウトプット大全』で紹介されている内容が3か月続けられたら次はこれ。

続けてこられた事も今度は上達させるためには”意図的な練習”でニガテを潰していく必要がある。

概要は

  1. 1点に絞って高めの目標を設定する。
  2. 立てた目標を達成すべく努力する。
  3. 改善点を発見してうまくできるまで反復して弱点を克服する。

事である。

番外編:革命のファンファーレ

せっかく頑張るなら、その以下を多くの人に知ってもらったり、場合によってはマネタイズにも繋げるヒントを得てみてはいかがだろうか。

自分の場合

『アウトプット大全』でいうところの

23 説明する

61 続ける

を意識して、以前受験した統計検定や情報処理技術者試験の方法をブログを通じて発信している。

『GRIT』では

統計学を学ぶにあたって線形代数で躓いていることが発覚したため、徹底的に学びなおして多変量分布を克服した。

コメント