【大学生向け】証券アナリストの勉強方法(1次)

金融
Pocket

実務経験がないなら公式テキストを使ってじっくり勉強

スペック

私大文系(偏差値60ちょっと)

経済学部

会計も経済学も履修はしたが試験前の一夜漬けレベル

受験時は大学4年生

勉強開始前に過去問を解いて正答率3~4割くらい

めっちゃフツーです。とりわけ勉強が得意というわけでもない。

コスト

※1,000円未満は四捨五入

一次レベル講座受講:50,000円

受験料:13,000円

その他テキスト代等:0円

計63,000円

一か月のバイト代が吹っ飛んでビビったのを覚えています。

ネットで勉強法を検索するとTACの過去問とテキスト買えとか書いてたけど、自分は金がなさ過ぎて変えなかっただけです(笑)

勉強法(テキストが揃うまで)

  1. 毎月送られてくるテキストをさらっと読む(色んな言葉の意味をなるべく覚えられるように意識する)
  2. マイページのWeb練習問題を解く
  3. 直接正誤に関係ない選択肢も含めてテキストの該当箇所を確認してまとめる(自分はマインドマップ化していた)

とりあえずテキストが揃うまでにやるのはこれだけでOK。

自分はこの時ちょうど大学で線形と微積分の講義があって、経済や証券の数学の勉強に役立った。

テキストが揃ってからの勉強法

  1. 過去問を解く
  2. 直接正誤に関係ない選択肢も含めてテキストの該当箇所を確認してまとめる
  3. マイページに載っている過去問を解ききったら、テキストを読んで自分の理解しやすい形でコメントを書き込んだりする。

これで1次試験はいけると思います。

証券アナリストの受験動機

もともと経済学部とはいえ、金融系に進む気は全くなかった。

就職先として内定をいただいた会社での職種はデータサイエンティストだった。

クライアントに金融業界があり、自分は金融の勉強はあまりしてこなかったので業界のドメイン知識を得るために受験を決意した。

コメント