「イメージするのは常に最高の自分だ」 書評 成功の心理学

Pocket

「成功の掟」という本と間違えて買ってしまった本。

分量が程よかったので通学時に読んでみた。

イメージするのは常に最強の自分だ

本文読んでて、成功の秘訣を読み進めていく。

人間は自分の思った通りの人間になる。だから成功した自分を思い描き、常に想像を続けるのだ。

という内容があった。ん?こんな感じのことどこかで聞いたことある。

これ、アーチャー?と思ってアーチャーの言葉を調べるとこんなセリフが見つかった。

―――忘れるな。イメージするのは常に最強の自分だ。

外敵など要らぬ。

おまえにとって戦う相手とは、自身のイメージに他ならない。

Fate/stay nightより

「せめてイメージしろ。現実で敵わない相手なら、勝てるものを幻想しろ。」

Fate/stay nightより

まんまアーチャーでした笑

投影魔術のキモは成功する心理に通底するみたいです笑

この本のいいところ

本書に書かれた内容は、『思考は現実化する』や『成功哲学』などナポレンオンヒル氏の著作と似ています。

ナポレンオンヒル氏の著書が合わなかったという方には良いかもしれません。

また、各章の終わりに内容が”しっかり頭に入るまで1ヶ月間繰り返し読むこと”と書かれたその章のまとめとそれを実践ために行う10の行動が添えられており、非常にスモールステップでの実践がしやすいような気遣いがある点に好感が持てます。

この著者は本当に読者を成功に導こうとしてるんだなと、著者の暖かみを感じます。

困っている人を助けずにいられない”正義の味方”なのかな笑

コメント